日米共同訓練の話をしよう②

自衛隊系記事

さあ前回の続きです。

スポンサーリンク

アーミーマラソン

米軍主催のマラソンがあり自衛隊も参加しました。

自衛隊や米軍だけでなく民間人も参加する結構大きなイベントです。

マラソンの記念品でTシャツとドッグタグと簡素なナップザックが貰えます。

自衛隊側でTシャツのサイズを

「アメリカはサイズが大きいから小さめにしよう」

と考えて申請した結果、貰ったTシャツは明らかに子供用で

「着れねーよ、アホか!」

と総ツッコミが入りました。

マラソンは大勢の民間人と走るためペースはゆるやかで、最後まで気持ち良く走れました。

走り終わったあとのゴール地点にはM1A1戦車が置いてあって、しばらく眺めていると側にいた米軍の伍長が色々と教えてくれました。

ほとんど何言ってるか分かりません。

知らない単語が多すぎました。 

その後、先輩とコンビニに飲み物を買いに行き、そこでモンスターエナジーのバリエーションのバニラ味を買いました。

喉が乾いていたので一気に飲んだら、アメリカの飲み物らしい凄まじい甘さで意識が飛びかけます。

先輩が「どんな味?」って聞いてきたので

「すげー美味いですよ、どうぞ!」

と言って飲ませたら、むせて吐き出したのでめちゃくちゃ笑いました。

んで、ケツを蹴られました。

先輩とコースに戻ると同じ中隊の陸曹たちが民間人を応援していたので、一緒に応援します。

最初、私は「ファイトー」と応援していたのですが隣にいた曹長が

「こっちではグッジョブって応援するらしいぞ」

と教えてくれました。

私の部隊はアホなので、みんな段々ふざけ始めます。

金髪のお姉さんが通る度にハイテンションで

「グッジョーーブ!」

と揃って叫ぶので、周りの民間人も走ってるお姉さんもめちゃくちゃ笑ってました。

そのうち現地の知らないオッサン達も参加して凄くアホなことになっていたのが面白かったです。

スポンサーリンク

若い上等兵

器材監視のため、砂漠の真ん中で私1人がポツンと待機するタイミングがありました。

ふと、目を向けると離れた位置に米兵が1人でポツンと立っています。

目が合うと「HEY!」と一言発してニコッとしながらこちらに歩いて来ました。

階級を見ると上等兵です。

私も「HEY!」と「ガキデカの死刑」みたいなポーズで答えます。

それからしばらく雑談することになりました。

私は片言なのでたまに翻訳アプリを使いながらの会話でしたが、わりと話がはずみました。

米兵「ゲームとかやる?」

私「スカイリム好きだよ」

米兵「あれすげーゲームだよねー!」

みたいな会話や

私「あの青い山は何?」

米兵「マウントレーニア」

私「マウントレーニア!?コーヒーのやつ?」

米兵「何それ?知らない」

みたいなことを色々話しました。

米兵は終始クッチャクッチャしていてツバを吐くので「何食ってんの?」と聞いたら、缶に入った佃煮みたいなのを差し出します。

ひとつまみ貰って食べてみたらツーンと激しい刺激がして「ヴォエエ」と吐き出す私。

それを見てゲラゲラ笑う米兵。

「見ろ、こうやんだよ」

と口に入れて軽く噛んでツバを吐く。

どうやら「噛みタバコ」というものらしい。

(早く言えよ)と思いつつ真似してみると、なるほど確かにタバコです。

しばらく二人でクッチャクッチャしていると、遠くからなんかもう馬鹿じゃねーのと思うくらいデッカイ四輪の軍用車が来て目の前に止まります。

米兵が「BYE」と言って乗り越んで、ドライバーがこちらに軽く手を上げ走り去っていきました。

米兵がいなくなったあと、なんかすげー寂しくなりました。

スポンサーリンク

米軍の飯

訓練中はMREと呼ばれる米軍のレーションが支給されます。

20種類以上あって中にはデザートやインスタントコーヒーが入っているのもあり、食後のガムまで入ってます。

状況に合わせて食べられるように色々なギミックがあって作るのも楽しい。

自衛隊の携行食を見ると自然に吐き気を催す私ですが、これは大好きでした。

ヤキマ演習場の宿舎区画には自衛隊用の食堂があり、日本人向けの食事が出されます。

米軍用の食堂は別にあって、普段は別々に食べています。

ある時、「米軍の食堂で食べて良いよ」と許可が下りたので、「やったぜ」と行こうとしたら誰も行きたがりません。

他の隊員は日本人向けの料理ですら口に合わないらしく、米軍の食堂なんて冗談じゃないとのことでした。

私は味音痴なので「アメリカのメシうめえ」と喜んで食べていたから行きたくて仕方ありません。

しょうがないので、嫌がる後輩を引きずって二人で米軍の食堂に行くことになりました。

米軍の食堂は料理の他にゲータレードやチョコバーが積まれていたりして豪快で面白いです。

米軍に混ざって自衛官が並んでいるのでチラチラと視線を感じますが、特に話しかけられたりはしませんでした。

ただ、席に座った途端にやたら話しかけられたり肩を叩かれたりして目の前にお菓子が積まれていきます。

気分は親戚の子供です。

その時の米軍食堂の食事は分解したハンバーガーみたいなやつで美味しかったです。

宿舎に戻ったら大量のゲータレードが私のベッドに置いてありました。

ゲータレードが支給され過ぎて、自衛官はみんなウンザリとしていたのですが

「あいつは味音痴だから大丈夫だろ」

と押し付けられたものでした。

イジメです。

③へ続く

コメント

Copied title and URL