童心に帰るサバゲーがしたい

雑談系記事
スポンサーリンク

自衛隊時代、後輩に誘われたのをきっかけにサバゲーに行ってた時期がありました。

よく勘違いされがちですが、自衛官だから戦術の練習がしたいという訳でもなく勝ち負けに拘ってた訳でもないです。

良い年した大人が全力でやる鉄砲ごっこが楽しかったからやってました(笑)

童心に帰ってわちゃわちゃするの、すげー楽しいんですよ。

近年は色々あって行ってないんですが、サバゲーに対する価値観を話していこうと思います。

自衛官であることは隠してた

サバゲーでは自衛官であることをひた隠しにしていました。

自衛官であるが故にタクティカルな行動を求められるのは嫌だったんですよね。

作戦行動って特殊部隊ではない限り地味だし疲れます。

自由に動ける訳でもないし、場合によっては一発も撃たなかったりします。

せっかくサバゲーに来たなら無謀な突撃とか、映画みたいな二丁拳銃のガンアクションがしたい訳ですよ。

遊びなので無理に勝ち負けとかは拘りたくないのですが、その結果

「自衛官弱い」

とか言われるのも何か嫌だなあと思ってました。

そのため、最初はジーンズとパーカーで始めてタクティカルな方向から遠ざかり続け、最終的には二丁拳銃とショットガンで暴れる「泥棒」になりました。

youtuberのマック堺さんが

「サバゲーはコスプレ鬼ごっこ」

と言っていますが、私はその意見に賛同します。

サバゲーに行くと他部隊の自衛官がいることもあって雰囲気で分かります。

お互いに「あっ、察し」みたいになってスルーすることが多かったのですが、たまに

「僕は実は○○の自衛官で、~をやっていて」

とゲーム中に、聞いてもいないのに話してくる人もいて…

恥ずかしいからやめてくれーと思いつつ

「そうなんですか、すごいっすねー!」

と元気良く答えてました。

楽しみ方は自由、しかし押し付けは良くない

基本的に楽しみ方は自由だと思っていて、ヒストリカルゲームや世紀末ゲームみたいなドレスコードがない限りは服装は気にしません。

あとはルールさえ守れば良い。

本来サバゲーはそれぐらいシンプルなものです。

しかし、必ずマウントを取りたがる人達がいて、人の装備にケチをつけたりします。

非常に残念です。

また、タクティカルトレーニングが浸透してきて戦術を使う人が多くなってきましたが、私は特に気にしてません。

せっかく覚えたなら使える時に使った方がいいとすら思います。

ただ、それを他人に押し付けるのはよくないです。

時々、見知らぬ他人に指示を飛ばす人がいて雰囲気が悪くなったりします。

私も一度、知らない人に

「カットパイ!カットパイ!」

と連呼されて、カットパイをレクチャーされたことがありました。

それを見てた後輩は死ぬほど笑ってて

「あいつにも教えて下さい」

と巻き込んだだのですが、後輩はわざとらしくヘタクソなカットパイを披露したので私も笑ってしまいました。

まあ、その頃からは変な人が増えてきて、めんどくさくなってサバゲーに行かなくなりました。

エンジョイしたい

サバゲーってユーザーを大きく分けると

「エンジョイ勢」
楽しければ何でもいいって人達

「タクティカル勢」
装備や戦術にガチの人達

「スポーツ勢」
ゲームとしての勝敗にガチの人達

の三つに分けられます。

サバゲーで起きるトラブルはルール違反によるものが多いのですが、この三つのグループの衝突によっても起きるので「混ぜるなキケン」です。

しかし、フリーのイベントに参加したりするとゴチャゴチャに混ざる訳で…行く気になりません。

どの勢力だろうとサバゲーの楽しみ方は自由なんです、他人に価値観を押し付けるのが良くないというだけで。

ユーザーの人間性がしっかりしていれば、ゴチャゴチャに混ざっても何の問題もありません。

私はエンジョイ勢なので無限復活の泥沼なゲームや世紀末ゲームみたいな自由に「世界観」を楽しむゲームが好きです。

身内でやった「Bloodborne」系の装備限定サバゲーは新鮮でした。

銃で撃たれたら5秒停止、ヒットはウレタン製の近接武器のみという内容です。

銀弾エアガン限定でやった「昭和の子供」装備限定サバゲーは死ぬほど笑いました。

短パン&白タンクトップとか横縞のダサい長袖、十円ハゲまで再現する奴もいました。

何か良い企画を思いつたら、サバゲーフィールドに持ち込んでみようかなと思います。

ウレタン製の剣を持った大人数の敵を少人数で迎撃するゲームとか

モスカート迫撃砲を使った砲撃戦とか

フィールドのルール上、面白そうなゲームは基本的に実現しません。

ただ、熱くならず、危険行為をせず、しっかりルールを守れる人で固めればフィールドによってはOK貰えたりするんですよね。

サバゲー歴の長いおっちゃん達のチームに混ぜてもらって遊んだ時は面白いゲームが多かったので、またやりたいなーと思っています。

コメント

Copied title and URL