思考停止が「真面目」とされている

哲学系記事
スポンサーリンク

真面目な人と聞いてどんな人を想像するでしょうか?

一般的に真面目の意味は

「偽りや飾りのない心を込めること」

「誠実であること」

とされています。

「じゃあ真面目な人ってあんまいなくね?」

って思った人…私も同感です。

しかし、真面目という評価はあちこちで見かけるものです。

今回は「真面目」について話していこうと思います。

真面目な学生

私は若い頃から「不真面目」という評価を下される事が多く、大抵の教師からは嫌われていました。

学校では教師の言うことを良く聞き、規則を守り、試験勉強をする学生が「真面目」と評価されます。

私が学生の頃は左翼思想の強い教師が多く、感情に任せた意見を言う人が多かったので、私はあまり言うことを聞いていませんでした。

ある教師の「共産主義は素晴らしい」という意見に対して、私は純粋な気持ちで質問します。

「でも、ソ連は共産主義で破綻したんじゃないですか?」

めちゃくちゃ怒られました(笑)

私はただ気になったから質問しただけです。

疑問を持たずに鵜呑みにするよりもよっぽど真剣に授業に望んでいたと思うのですが、反抗的とされてしまいました。

別の日に服装検査があり、私は髪が耳にかかっているという理由で引っ掛かりました。

「なぜ髪を切らなかった?」

と教師に質問をされます。

「髪が伸びるのが早いから散髪代がもったいない」

「ある程度伸びてから切った方が効率が良い」

と私は答えました。

「まず、謝るのが先だろう」

と教師は言います。

私からすれば理由を聞かれたから答えただけですし、髪が伸びるのは当たり前のことなので謝るようなことではないと思っていました。

そして、頭髪が耳にかかってはいけない理由を答えられる教師がいなかったので、規則に定められていても気にしていませんでした。

私もアホだったので、そのままの意見を伝えて「反抗的だ」と言われてしまいます。

しかし、私は今でも疑問に思います。

教師とは違う意見を持ってはいけないのか?

規則に疑問を持ってはいけないのか?

無条件で従わないといけないのか?

何も考えず、言われたことを鵜呑みにして、やれと言われたことを黙ってやって、無条件に従おうとする。

「もうそれはロボットか何かじゃん」

「不真面目と言われる方がマトモじゃないのか」

と当時の私は思っていましたし、今でもそう思います。

イエスマン

人と意見が違ってはいけない、人と対立してはいけない、人に逆らってはいけない…という意識が強いとイエスマンになってしまいます。

イエスマンは「真面目」と評価されやすいです。

なんやかんや人は自分の意見を肯定してもらいたいものなので、自分への従順さを「真面目」と評価するわけです。

イエスマンには二種類いて

●思考停止型
人の意見に従った方が楽、または従うことが正しいと考えて自分の意見を持たないタイプ

●対人恐怖型
他人の気分を害するのを恐れて肯定意見しか言えないタイプ

大人や教師の言うことを従順に聞いてきた人は、このどちらか或いは両方になりやすいです。

出世すると、前者の場合はパワハラ上司になりやすく、後者の場合は上下に挟まれて死ぬほど苦労します。

どちらにせよ本来の真面目の意味からは大分変わってきます。

イエスマンは人に気に入られよう、嫌われないようにしようという心理から生まれます。

そこに「偽りや飾りがない」とは言えません。

社会は非合理な意見や価値の低い意見が淘汰され、より良い意見のもとで発展していきます。

イエスマンが多くなると淘汰されるべき意見が生き残ってしまい、停滞や退化の原因となります。

本来の「真面目な人間」が良いとされるのは、生産性の他に淘汰の役割を担うという一面があるからです。

私は「真面目」と「イエスマン」は真逆であると考えています。

真面目な人間が馬鹿を見る?

この言葉は「真面目」の意味するところによって変わってきます。

従順であることを真面目とするならば、馬鹿を見るのはごく普通のことです。

思考停止して従う人間は、騙されたり、いいように使われるのが世の常ですから。

本来の意味の真面目はそもそも難易度が高い。

偽りや飾りを持たず、誠実であろうとすることは、人としての強さが無ければ到底無理です。

本来の意味の真面目を貫ける人は、ある程度の能力や人間性を併せ持つので、馬鹿を見るどころか上手くいく可能性の方が高い。

何か都合が悪いことがあった時に

「自分は真面目にやってきたのに」

と不満を言う人を散々見てきましたが、大抵は思考停止して従うタイプの人間です。

自衛隊で左遷されたパワハラ幹部も同じセリフを言っていました。

大人になって考えると、日本の学校教育はかなり歪んでいます。

細かく行動を制限して、言うことを聞けば評価し、違う意見を持てば罰を与える。

これは軍隊教育なんて言われたりしますが、自衛隊経験者から見ればもっと劣悪な…例えるなら奴隷のしつけです。

結局のところ、自分以外の誰かにとって都合が良いから行われているんですよね。

間違った認識で真面目と評価されるのはなんとも複雑なものです。

コメント

Copied title and URL