2021-04

スポンサーリンク
哲学系記事

怒りで指導をしてはいけない理由

厳しい指導が必要なことは、よくあるものです。 危険が伴う場合は、殴ることすら必要だと私は思います。 しかし、どちらかというと私は冷静に指導をすることが大切だと考えています。。 昔は云々...という話も聞きますが、時代と供...
哲学系記事

言葉の抵抗値

言葉の要素として、「伝わりやすさ」の他に「受け取りやすさ」が存在します。 人にはそれぞれプライドや価値観があり、割ける時間と労力などの要因もあって、言われたことを素直に受け取るわけではありません。 同じ言葉でも人によって受け取...
哲学系記事

自分で答えを出すから賢くなる

哲学の話をする上で、特に伝えたいのが今回の話です。 過去の色々な記事でも触れてきましたが、人は自分で答えを考えるよりも誰かの答えを聞きたがるものです。 もちろん、聞くこと自体は良いことです。 色々な意見が参考になるでしょ...
スポンサーリンク
自衛隊系記事

すげえアホだと思われた瞬間

自衛隊時代の先輩と話すと 「あの時、お前のことアホだと思ったわ」 と言われたりします。 「なにおう」 と思うのですが、場面を思い返すとアホ以外の何者でもないんですよね。 今回はそんな肩の力が抜けた話をします。...
哲学系記事

他人は思い通りにならない

よくある勘違いとして 「他人を変えられる」 「または、変わるはず」 というものがあります。 自分の望むように他人をコントロールしようとする人が一定数いて、その心理は未だに理解し難いものです。 群衆心理を使って...
哲学系記事

言われたことをやるのが得意な人、強力な自我を持つ人

人から学ぶという行動はとても効率の良いことです。 例えば、数学をゼロから独学で始めるより、歴史の中で発見され証明されている数式を習った方が遥かに高いレベルに辿り着けます。 人から習うのが得意な人も苦手な人もいますが、ある程度は...
哲学系記事

悪意アレルギー

人の悪意が苦手な人は結構いるものです。 メンタルが強い人でも悪意が苦手だったりすることもあります。 悪意を向けられたことが無い人が悪意に弱いのは当然ですが、悪意に慣れていても悪意に弱い人もいます。 私はそれを「悪意アレル...
哲学系記事

【クソ哲学】幽霊ってどんなん?

哲学 幽霊
哲学系記事

猜疑心の取り扱い

猜疑心とは人の言葉や行動を疑う気持ちです。 警戒心と違うのは根拠が弱いというところでしょうか。 警戒心は危険を回避するための本能ですが、わりと論理的な推測から成り立っています。 「言動が矛盾しているから怪しい」 と...
哲学系記事

社会は不平等だから、自立する

人は生まれによって状況が変わるものです。 容姿、頭脳、運動神経、才能、親の経済力、様々な要因で人生のスタートラインが決まります。 まあ、そんなものは当たり前で、誰しもが分かっていることだと思います。 それを受け入れて生き...
スポンサーリンク
Copied title and URL