完璧なリーダーは依存され、アホさのあるリーダーは協力される

哲学系記事
スポンサーリンク

リーダーは人によって解釈が分かれますが、概ね集団をまとめる役割を指します。

集団は、優れたリーダーが指揮して集団を動かす方が上手くいく場合と、リーダーを中心に一人一人が考えて動くことで上手くいく場合があります。

リーダーの在り方はその人の人格や能力によって変化します。

一概にどれが優れているとは言い難いのですが、ある程度の人間性を有していないと集団のパフォーマンスを発揮出来ません。

シンプルに嫌な奴や自己中心的なリーダーがいる集団が、健全に効率良く動いているところを見たことがありません。

それでも機能している場合は、集団の中に優秀な人間がいて形を保ったりしています。

今回は、そんなリーダーに関する話です。

統率力のあるリーダー

自衛隊時代、リーダーとして非常に優れた特殊部隊出身の2等陸曹がいました。

身体能力が高く、賢く、行動力と決断力を備え、人格者で向上心がある…理想の自衛官像を体現したような人です。

彼の指揮する班は素晴らしく良い動きをします。

能力の高い隊員も低い隊員も、真面目な隊員も不真面目な隊員も特性を把握し、見事に統率します。

指揮するだけでなく隊員の育成にも力を入れていて、班員の体力や技術も向上させていました。

自衛官の中では間違いなくSSRレアです。

別の班だった私にも恩がある人で、陸曹になる前に色々な知識や技術を叩きこまれました。

そんな見るからに非の打ち所がないリーダーでしたが、おそらく本人も気づいていない…リーダーとしての難点が一つありました。

それは彼が指揮を離れた時、彼の班員は著しく動きが悪かったということです。

彼の指揮は極めて優れているので、誰も疑いなく従います。

班員は考えずに従うだけで最善の動きが出来てしまう…自分であれこれ工夫しなくても出来てしまうわけです。

自分で効率や効果を考えながら動くのは馬鹿らしいでしょう。

それでも、パフォーマンスを発揮している自分に自身を持ちます。

しかし、今までのリーダーが指揮を離れた瞬間に動けなくなりました。

自分が動けないのは、別のリーダーの指揮が悪いせいだと思い込みます。

完璧な指揮が出来る人間など、そうそういる筈もありません。

プライドを拗らせ、自身を改善しないまま新しいリーダーを批判するようになりました。

班員は…完璧なリーダーに依存していたわけです。

どんなに優れた能力があっても、自身で動けなければラジコンです。

完璧であるが故に、人が育たなかったというのは盲点でした。

軍隊の普通の部隊としては、おかしいことではありません。

一つのユニットとして動く以上、指揮官に従って動く方が合理的です。

思考停止してしまっても陸士なら大した問題にはならないことです。

しかし、陸士の間に考えて動くことを学ばないと、階級があがった時や民間に転職した時に相当しんどくなります。

組織としても後続が育たないのは問題です。

優秀なリーダーがいるのは組織として好ましいことであるのは間違いありません。

ただ、優秀過ぎると別の問題が発生するということを、この時に初めて知りました。

アホな部分があるリーダー

私が今でも関わり合いがある先輩に、すげえアホだと思われている3等陸曹がいます。

まあ、周りからアホだと思われているだけで、頭の回転は早いし知能指数も高いのですが理解はされません。

ただ、頭の良い人にありがちなことで、思考がぶっ飛んでます。

仕事を真面目にこなすよりも面白さを優先します。

先輩は明るいし、発想や行動が斜め上でユニークなトラブルを起こします。

だから、つるむと面白いんですよね。

リーダーになると完璧とはほど遠いのですが、私を含む変な奴に人気があります。

変な奴にとって「面白い」というのは重要です。

自我が強くて人に従わない連中が先輩に協力します。

先輩が抜けている分、周りがしっかりします。

行動力と決断力があるうえに斜め上の行動をする先輩には振り回されますが、誰かの指示に黙って従うより楽しい。

色々な意味で鍛えられました。

また、別段優秀ではないものの、人徳で人が集まるタイプの先輩もいます。

優秀な隊員ほど人徳のある人物に集まるので、結果的に上手くいく。

人徳のある人物は賢いです。

欲望を持たないので人に安心感を与えます。

私利私欲に走らないリーダーには力の尽くしがいがあるものです。

必ずしも優秀なリーダーでなくても、面白かったり、人徳があれば周りから助力を得られるわけです。

抜けている部分を周りが埋めようとする、とても良い状態でした。

リーダーに必要なもの

上記の例は上手くいっている例で、そうじゃない集団も場合も多くあります。

リーダーが未熟だったり、自立できていなかったり、暴君だったり、サイコパスだったり、承認欲求が強かったり…なんにせよ集団はボロボロになります。

リーダーに必要なのは行動力と決断力と言われています。

実際その通りで、それさえあれば能力不足は周りがなんとかします。

ただ、もう1つ…リーダーに魅力があるかどうかが重要です。

完璧なリーダーに従うのは、明るく力強いからです。

アホさのあるリーダーに従うのは、面白いからです。

人徳のあるリーダーに従うのは、賢く思慮深いからです。

そして、みんな良い人なんですよ。

そのリーダーの下につくことに、納得出来る理由があるわけです。

逆に、人が寄り付かないリーダーというのは…つまりそれらが無いわけです。

職場環境の半分はリーダーの力量で決まります。

無駄な業務や規則に反対したり、仲間の疲労やストレスを気にしたり、自分が損をする決断もしたりするリーダーには人が集まります。

結局のところ何をするかよりも、その職場にどんな人がいるかが重要なんですよ。

私利私欲に走り、自分を良く見せようとする人が多い世の中で、魅力のあるリーダーに出会うことは幸運です。

そこで学んだものは自分の力になりますから。

人間性の成長を軽視するようになった今の社会では、魅力のあるリーダーは生まれにくくなっています。

もし出会わなければ、自分が目指してしまうのも良いかもしれませんね。

コメント

Copied title and URL