同調して肥大する悪意

哲学系記事

誹謗中傷やネットリンチは傍から見れば醜悪なものです。

しかし、やっている本人は当然のことをしていると思っいて、むしろ自分が正義であると思っていたりします。

人の習性の中でも、バランスを崩すと危うい行為が「同調」です。

自分の考えを持たない人は、集団の空気によって簡単に善にも悪にもなるんですよ。

特に悪意は集団の中で肥大しやすく、正義を語りながら残虐な行為に及びます。

悪意を持ちながら悪意を自覚していないというタチの悪い状態ですね。

今回の話は、悪意に弱い人には閲覧注意です。

スポンサーリンク

アボリジニ狩り


人の悪意が肥大するとどうなるかという例で、アボリジニ狩りの話があります。

18世紀後半、産業革命で大量に失業者を出したイギリスでは窃盗などの犯罪が横行していました。

イギリス政府は邪魔になった犯罪者の流刑地としてオーストラリアを選定します。

オーストラリアには「アボリジニ」という穏やかな性質の先住民族が住んでいました。

アボリジニ達は船でやってきた白人達を暖かく迎え入れ、親切に振る舞いました。

しかし、白人達は文化的に遅れているアボリジニ達を見下し、類人猿…つまり猿として扱いました。

穏やかなアボリジニ達は争いを好まず、ほぼ一方的に迫害されてしまいます。

アボリジニは仲間が暴行されても暴行をした白人だけに制裁を加えるという、わりと理性的な人達でした。

一方で、白人達はその報復として一つの部族を皆殺しにしてしまいます。

さらに1828年、オーストラリアの白人政府はアボリジニの土地を奪うために

「白人は自由にアボリジニを殺しても良い」

という法律を作ります。

それから…

白人達はスポーツハンティングとしてアボリジニを殺すようになりました。

「今日はアボリジニを17匹も狩ったぜ」

「俺はウサギが3羽、アボリジニが2匹」

週末の趣味みたいな感覚でアボリジニを狩り、記念品として首を飾ったりしていました。

赤ん坊を地面に埋めて首だけ出し、サッカーボールのように蹴って首を遠くまで飛ばすという遊びもあったそうです。

やがてアボリジニ達は「保護」の名の元に奴隷化され、強制労働と粗末な食事によって餓死者が多発。

白人がもたらした伝染病と迫害によって、100万人いたアボリジニは7万人にまで人口が減ってしまいました。

今日ではアボリジニ文化は破壊され、英語が話せないアボリジニ達は失業者で溢れています。

ドラッグやアルコール中毒が社会問題になっているそうです。

スポンサーリンク

空気に流されやすい

前述の話を聞いてドン引きした人もいると思います。

しかし、それは日本人が日本で育ったからです。

日本人は世界的に見て自我が薄く、同調圧力に弱い人種です。

自分の考えや道徳より、周りの空気に流される人が多いんですよ。

渋谷のハロウィンみたいなイベントを見れば分かるように、周りに流されれば平気で犯罪も行いますからね。

ネット上で誹謗中傷する人達とアボリジニを迫害した人達は環境が違うだけで、悪意の質は大差ありません。

当時の白人達の中に今の日本人が生活していたら、白人の真似をして同じようにアボリジニを迫害すると思っています。

下手したら白人より残虐なことをするんじゃないですかね?

近年は金やブランディングの為に感情的な主張をする人が増えて、言動が過激になりつつあります。

同調する人達は、道理や倫理や道徳よりも周りの空気を優先するので、悪意が起こると瞬く間に増殖してしまいます。

自分を肯定出来る主張には熱狂しやすく、自分の行動の正しさを疑いません。

アボリジニ狩りをしていた人達が自分の行動を悪いと思っていなかったように、熱狂する人達も同じなんですよ。

過激な主張が広まると、それが若い世代にも受け継がれていくこともあり得るので、国が荒れる原因になりそうだなと危惧しています。

スポンサーリンク

報復に継ぐ報復

世の中には他人に害を与える人がいて、放っておくと無限に害を撒き散らすから制裁は必要だと思っています。

アボリジニみたいに、やった相手本人だけに報復するというのも私は良いと思います。

しかし、「社会に蔑ろにされた」と考える人達の場合、その憎悪は無限に続くんですよ。

満足することは無く、終わりもない。

その結果、自分達が迫害する側に回ってしまうわけです。

私は、世の中は平等であるべきだと思いますが、同時に平等な世の中は永遠に来ないと思っています。

平等を訴える人達の中には、平等を求める人よりも報復を求める人の方が圧倒的に多いからです。

論理的に考えると、平等になるためには虐げられてきた側が相手を許して過去の負債を飲み込む必要があります。

しかし、感情論で考える人はそれを許容出来ないので、虐げられた分以上に優位に立とうとします。

だから報復になる。

そうして、攻守交代しながら報復に継ぐ報復が繰り返されます。

それは負の連鎖で、繰り返すほど悪意は肥大していく。

このまま悪意が肥大していくと最終的にどうなるのか…考えると恐ろしいですね。

日本は比較的秩序が保たれている国なんですよ。

しかし、人間性の劣化と悪意の肥大が続いていくと他国のようにテロや内戦のきっかけになるかもしれません。

コメント

Copied title and URL