ワクチン論争

哲学系記事
スポンサーリンク

【※誤りがあり、2項の一部を修正しました。】

ワクチンを打つか打たないか迷ってる人もいると思います。

昨今のニュースでは打つ側打たない側の両者が不安を煽るような報道をしていますからね。

今回は、ワクチンに関する情報をまとめたので、記事にしていこうと思います。

ワクチン

人間の体には、病気等から守るために免疫系というシステムが存在します。

体内にある免疫系は、体に侵入してきた異物を攻撃して排除する役割があります。

免疫系の強さを免疫力と言い、強いほど感染症などのリスクが減るものです。

感染症は抗原となる菌やウイルスが体内に侵入し、免疫系の攻撃を耐え抜き、増殖し、症状が出るという段階を踏みます。

体内で抗原が増殖した段階を「感染」とし、それによって出た症状が「感染症」です。

感染症を防ぐ上で最も有効な手段が、特化した免疫の獲得です。

人は未知の抗原に対して、当初はそれに特化した免疫を持っていません。

未知の抗原が体内に入ると、免疫系がそれを覚えて進化します。

一度でも体内に入った抗原に対しては高い攻撃力を持つようになる。

そのため、次に同じ抗原が侵入してきても特化した免疫系が簡単に排除出来るようになるわけです。

ワクチンはその免疫系の進化を人為的に促すものです。

無毒化または弱毒化した抗原を体内に入れて、免疫系に覚えさせる。

要するに弱い敵をぶつけて経験を積ませる…ということですね。

当然ですが、弱いとはいえ抗原は抗原です。

免疫系が弱っていたり、そもそもが弱いと負けてしまいます。

睡眠不足や疲労、栄養不足などの条件によって免疫系は一時的に弱ります。

何かしらの病気や怪我などをしている状態では、免疫系の力が分散されてしまいます。

また、幼少期から過度に清潔な衛生環境で育つと免疫系は弱いまま成長しません。

そういった状況でワクチンを接種すると、逆に発症するリスクが高まります。

そもそもワクチン自体が毒を飲んで毒を制するものなので、僅かながらリスクはあるものです。

また、感染はワクチンを打てば完全に防げるというものでもありません。

だから人に強制するものでもなく、打つも打たないも自己責任ですね。

コロナワクチン

コロナワクチンについて情報が出始め、拒否する人が増えてきました。

主な理由としては

●マイクロチップなどの陰謀論
●ワクチン投与による死者

が、よく目につきますね。

マイクロチップの陰謀論については「自分の正しさに拘る愚」という記事に書いていますが、まずあり得ないと言っておきます。

コロナのワクチンは通常のワクチンとは異なるmRNAという種類が使われています。

このコロナワクチンにはアナフィラキシーショックが確認されています。

アナフィラキシーショックは、簡単に言うと激しいアレルギー反応ですね。

この記事を書いている6月30日現在で、17万人の医療従事者がワクチンを打ち、7人がアナフィラキシーショックを起こしたそうです。

ワクチンでアナフィラキシーショックが起きるのは非常に珍しい事態なので、わりと騒がれています。

ただ、6月30日時点で2900万人がワクチンを投与しましたが、アナフィラキシーショックによる死者は数人です。

というのもアナフィラキシーショックが確認された場合に備え、ワクチン投与の現場には医療機材とスタッフが配備されているので、すぐに処置出来るからです。

また、ワクチンを投与した人の死者数は6月25日のデータでは356人とされています。

そのうち、明確にワクチンが原因であると評価された死亡例は0件です。

ワクチンは関係無いと評価されたものが5件。

今はアナフィラキシーショックの事例があるので数は変わると思いますが…

つまり、ほとんどの死亡例が情報不足により判断出来ない状況です。

この状況でワクチンが危険と判断するのは早計です。

ワクチンと死亡の理由の関係が分からないんですよ。

この時点でワクチンが危険と考えるのは、ラーメンを食った後に死んだら「ラーメンが危険だ」と言っているようなものです。

ただ、死亡例のうち過半数が既往症を患っています。

前述の通り、免疫系が弱っていたり別の病気に力を割いていて機能せず発症した可能性はあります。

※追記 6月30日現在使われているコロナワクチンは全てmRNAワクチンという種類です。
通常のワクチンと違い、抗原ではなく抗原の設計図を体内に入れて免疫系に覚えさせるものです。
簡単に言うと戦って覚えるのではなく、事前に学習して覚えるという仕組みです。
そのため、mRNAワクチンが原因で発症することはありません。

コロナの死者は6月30日時点で14700人。

リスクは個人によって異なるので、ワクチンを打つかどうかは自分でよく考えて行った方が良いと思います。

ワクチン論争

「ワクチンを打った方が良い」

「ワクチンを打つべきではない」

白と黒に分かれて激しく主張する人達が台頭してきました。

個人的には、前述の通り人によるからどちらとも言えないと思うのですが…どうでしょう?

民衆は自分で考えるよりも白黒ハッキリした答えを聞きたがります。

だから白黒ハッキリした主張をすれば民衆の指示が得られます。

仮に間違っていたとしても、責任を追及されることはありません。

だから、過激な主張をするわけです。

例えば、ワクチンを打たないという選択が多数派だったとしましょう。

結果的に死者が増え、社会の混乱が続いたとしてもワクチン不要論を唱えた人は

「国民を救ったヒーロー」

というブランディングが出来ます。

ワクチン必要派とワクチン不要派の人達の中でも強硬に主張する人達は…一斉に本を売り出しています(笑)

つまりは、そういうことなんですよ。

社会の混乱や人の生死すら金稼ぎに使うのが人間というものです。

そして、そんな人達に煽られてしまう人も多いです。

ここからは、あくまで私個人の意見です。

前述の通りワクチンを打つも打たないも自分で考え、自己責任で行うべきです。

ただ、社会の混乱を収める意味では全員が打った方が良いと思います。

経済的な困窮で自殺する人もいるので、経済の回復は人命の維持にも繋がるからです。

ワクチンによる死者も出るとは思いますが、救える人間の方が圧倒的に多いと考えています。

よく政府への非難であることですが

「政府は経済をなんとかしろ!」

「人命より経済の方が大事か!」

いや、どっちなんだお前ら…と思っています。

経済が破綻したら結果的にコロナ以上の死者が出るので、ある程度の維持は必要です。

だから、ワクチンは肯定的に捉えています。

まあ、それでもリスクがありますから、他者に強要は出来ません。

私自身も別の理由で様子見してましたし。

ワクチンを打つか打たないかは大事な選択です。

変な煽りに乗らないで、自分でよく考えて行って下さい。

コメント

Copied title and URL