「雑記」ちょっと変な話、幽霊いるかもね

雑談系記事
スポンサーリンク

以前、幽霊に関する記事を書いたのですが…

最近、意図せずアンダーグラウンド気味の経験をしまして、「幽霊いるかもな」と思い始めました。

今までは哲学的に存在を否定出来ないし、少なくとも概念として存在する…という考え方でした。

しかし、不可解な現象は実際にあるものです。

今回は、そんな感じの話をします。

不可解な家

最近、田舎にある一軒家にお邪魔したんですが、まあ変わった家でした。

外見上は広めの普通の家ですが、中に入ると監視カメラとセンサーだらけで、トイレと風呂以外は死角の無い状態。

まるで博物館並のセキュリティです。

しかし、家の中は廃墟みたいに散らかっていて、家中の窓は全て格子と鉄板をネジ止めされて塞がっていました。

正直、玄関扉以外は開かない状態で、玄関扉やその周りは異様なセキュリティレベルです。

経験上、不審者がこの家に侵入する事は不可能だと判断しました。

家主は一人暮らしです。

「毎日、何者かに侵入されている」

「よく二階で跳び跳ねている音がする」

話を聞くに普通の精神状態とは思えません。

まあ、この時点では何とも思っていませんでした。

一応断っておきますが、ホラー小説のように劇的な展開はありません。

しばらくして、私と同行した人間が監視カメラ映像を巻き戻し始めました。

屋内の一階の奥にある一室、古い箱などが散乱している部屋を見たいとのこと。

「その部屋の電気が突然付いた」との事でした。

その時、家主は二階、家の中には同行した人間と私だけです。

目視では誰も部屋に行っていない事が明らかですし、監視カメラを見ても誰もいません。

しかし、映像では確かに電気が点きました。

しかも人感センサーが反応しています。

すぐにその部屋に行って確認してみましたが、やはり誰もいません。

で、まずはスイッチ。

電気のスイッチは一般家庭用の壁にあるスイッチです。

感触に歪みなどはなく、普通に動作して引っ掛かる事もありませんでした。

次に電灯。

古いタイプでリモコン等で操作出来るものではありませんし、センサーで反応するような機能もありませんでした。

次にブレーカー。

ブレーカーのある物置の事は、あらかじめ家主から

「誰かがここに隠れている事がある」

と聞いていて、ガチガチに金属板とネジで固定されたままでした。

我々が来てから後に開けた形跡はない。

心霊現象としては地味ですが、独りでに電気が点いたようです。

この状態で考えられる原因は3つ。

1、本当に心霊現象

2、スイッチの接触不良

3、物置に誰かがいる

です。

本当に心霊現象なら個人的には興味を引かれる所です。

一番可能性が高いのはスイッチの不良ですが、何度試しても中途半端になる事はなく、普通に点灯しました。

で、物置。

正直、開けられないので確認が出来ません。

物置の周りの部屋や裏側に当たる場所を見ましたが、入れるような場所はありませんでした。

最初から物置に誰かがいてブレーカーを操作した可能性がありますが…

我々が来てから数時間もの間、物置の中に人がいたとしたら…その方がホラーです。

我々を驚かすつもりで誰かが隠れていた可能性はありますが、その割には家主が電気の話題に触れてきません。

そもそも、そんなイタズラをするような精神状態には見えません。

我々が帰る時まで物置が開かれる事はなく、原因が分からないまま家を後にしました。

まあ、帰ってきてから

「物置に誰かが閉じ込められていて、助けを求めてブレーカーを操作した」

という可能性もあるなと思いました。

また行く機会があるので、家主に頼んで中を確認してみようと思います。

レンタル幽霊が怖い時に来る人

今回の件で、幽霊の存在に興味が湧きました。

以前、「レンタル幽霊が怖い時に来る人」という記事を書きましたが、ちょっと個人でやってみます。

ホラー映画を見た時、怖くて眠れない時、心霊スポットに行きたいけど不安な時などに行きます。

私も色々と忙しいので、依頼全てに答えられる訳ではありませんが「応相談」という形で受け付けています。

もちろん、許可なく知り得た情報を発信したり他人に話したりはしません。

興味がある人はTwitterにDMを下さい。

コメント

Copied title and URL