オッサンになる準備

哲学系記事
スポンサーリンク

今回は若者向けの話です。

ちょっとジジイ臭い話ですが、わりと大事な話なので聞いて欲しい。

人は中身が成長しないまま年齢だけ重ねると、生きていくのが苦しくなります。

子供っぽさや少年の心を持っているから中身が子供というわけではなく、性格が落ち着いているから中身が大人というわけでもありません。

大人の条件には諸説ありますが、私が一番納得がいく条件は責任感、道徳心、決断力を備えた思考を持っている事ですね。

この3つは歳を取るほど求められていくもので、ある程度の年齢からは備えていない人が軽視されるようになります。

しかし、若い内は中々それに気が付かないものです。

若さを失った時、何が残るのか。

今回は、オッサンになる準備の話です。

中身が子供のまま歳を取るとスゲー辛い

年齢を重ねると見た目は勝手にオッサンになっていきます。

しかし、中身は年齢と共に成長するわけではありません。

子供は年齢と共に知能が発達していくので、人と触れながら自然と成長していくものです。

だから、なんとなく歳を取れば大人になると考えている人が多いと思います。

が…それは間違いなんですよ。

大人の中身は経験によって成長していくものです。

例えば、20歳からニートのまま50歳になると、中身が20歳の50歳が出来上がります。

渋いジジイが渋い考え方や風格を持つのは、相応の経験をして中身も成長しているからです。

無責任で逃げるように生きていると、中身は成長していきません。

そうしてオッサンやジジイになった時、中身が子供のままになるからキツイ。

例えば、自分と同年代の人がスゲー活躍している所を見ると自己嫌悪に陥る人もいるでしょう。

まあ、まだ若い内はそういう対象が少なくて済みます。

しかし、中身が成長しないままオッサンになると、同年代がそういう対象ばかりになってしまう。

人間の中身は雰囲気や顔つきによく表れるものです。

同年代からは見た目の雰囲気だけで「ああ、駄目だな」と思われる。

かといって、中身が子供のオッサンに敬意を払う若者もいません。

そのため、イキリ散らしたり虚勢を張って上に見られようとするのですが、大抵の人には見透かされてしまう。

私は警備業界で…そんな地獄の亡者みたいなオッサンやジジイを腐るほど見てきているんですよ。

警備業の記事でも書きましたが、多くの人が想像するヒドさの斜め上を行くと思います。

彼らはテキトーに流されるように生きてきた。

嫌な事から逃げ、責任から逃げ、自己の利益と保身ばかりを考えて生きてきた。

その結果です。

若い内はまだ良いんですよ。

「若さ」と「将来性」という強力な価値があるからです。

しかし、それは時間と共に失われていく。

だからこそ多くの人が老いる事を恐れます。

オッサンになると年齢に合った価値が無いと見向きもされなくなるものです。

少なくとも「若さ」に変わる価値を持つ事が重要になる。

10代で価値を積み上げ続ける人間は傑物ですが、20代では珍しい事ではなくなります。

20代というのは最も価値を積み上げやすい重要な期間で、ここでテキトーに流されてしまうと薄っぺらい人間になってしまいがちです。

30代になれば、同年代の人間はそれなりの事をやっているでしょう。

下積みを終えてビジネスの一線で活躍している人達の陰で、一から価値を積み上げるのは相当キツイです。

40代になれば、同年代の人間はコツコツ積み重ねた結果、それなりの地位についているでしょう。

既に社会的な評価を得ている人達の陰で、一から頑張れる人はなかなかいません。

時間が経つほど事の深刻さを実感し、時間が経つほど巻き返しが難しくなります。

20代で頑張れない人が、難しい40代で頑張れるなんて都合の良い話はまずありませんからね。

人は研鑽を積むから相応の人間性を持ち、相応の価値を生み出せる。

何も考えずに流されるように生きていると自分だけが子供のままです。

そうなると、同年代の姿を見るだけで辛くなる。

「気にしなければ良い」

と思うかもしれませんが無理なんですよ。

周りの目を気にしなくて済むのは、何かを積み上げてきた自負がある人間だけです。

ヤセ我慢をして気にしないフリをしている人が多いだけで、「気にしない」が意図的に出来るのは研鑽を積んできた人の成せる業です。

頑張ってこなかった人間には難しい。

また、社会は努力を強制しているわけではないんですよ。

価値のある人間を評価するのが社会だから、合理的に考えて価値を積み上げる人間が多いだけです。

例えば、義務教育はどんなに成績が悪くても卒業出来ます。

それでも大抵の人は進学するために勉強を頑張る。

多くの人が価値を積み上げるのは、その方がシンプルに得だからです。

人は努力しなくて良い理由を探してしまいがちです。

頑張らない自分を肯定するために努力を否定する感情論を発信する人が多く、その残骸に足をとられる人も多い。

「騙されるな、社会の奴隷になるな」

という言葉に騙されて努力を放棄した結果、奴隷にしかなれない人間になる。

流されてしまった人間はもう仕方ない、私にはどうする事も出来ません。

しかし、まだ踏みとどまれるなら流されないで欲しい。

取り返しがつくうちに必死にの価値を積み上げろ…と私は伝えたいです。

覚悟を決めると人は変わる

私は若い頃に結婚しようとした事がありました。

その時

「よし、これから家族を守るぞ」

という覚悟が決まったんですよ。

物事に対する考え方が変わったし、仕事に対する取り組み方も極めて真剣になりました。

まあ、結婚する事なくシンプルに破局したんですけどね。

結婚を経験している人は、破局の部分を除けば共感する人も多いのではないでしょうか?

結婚に限らず、何らかの責任を背負う覚悟を決めると精神が劇的に成長するんですよ。

責任を背負っても覚悟がないなら大して変わらないので、大事なのは覚悟の部分です。

人間の重厚さは、積み重ねた覚悟の層で出来ている。

何かに挑む人や自分のやる事に責任を持つ人は、いくつもの覚悟を積み重ねているから成熟した考え方が出来る。

中身が厚い人は厚い人に、薄い人は薄い人に共感するんですよ。

中身が薄い内は楽に流れる価値観に共感しやすいから、楽に流れてしまう人も多い。

これは仕方ない事です。

だからこそ

「若い頃にもっと頑張れば良かった」

と、言う大人が多いわけです。

楽に流れる価値観は、タピオカみたいに繰り返し流行になるものです。

世のオッサン達からすれば「ああ、またか」という感じです。

だから、斬新でも何でもないんですよ。

それで盛大に失敗した人がいて、「駄目だわ」ってなって、忘れた頃にまた流行る。

その繰り返しです。

しかし、流行る度に一定数の人間が引っ掛かるわけです。

楽に流れた結果、夢を追うという体裁で現実逃避をしてしまう人もいます。

しかし、楽に流れて追える夢なんてありますかね?

夢を追って生きる事を私は否定しませんし、むしろ肯定します。

ただ、相応の覚悟が必要になります。

普通に働く以外の生き方は、死ぬほど実力を求められる世界ですからね。

ひたすら研鑽と挑戦をする覚悟が必要です。

そこに費やす労力は、人によって普通に働くよりも大変なものになるでしょう。

決して楽ではありません。

だからこそ何かに本気で挑む人は著しく成長するし、言葉に重みが出る。

老若男女に関わらず、覚悟を決めた人間の心から出た言葉は重いです。

いい加減に生きている人間には出せない重みなんですよ。

どんな生き方でも前に進むためには覚悟は必要になります。

いい加減な思い込み

人は案外、思い込みで世の中を見ているものです。

近年、ブラック労働による自殺が報道されるようになって

「一生懸命に働くのは損だ」

「真面目だと自殺する事になる」

と考える人も出てきました。

しかし、日本における自殺の原因は健康問題が一番多く、次に多いのは生活苦です。

健康問題には鬱病も含まれますが、ガンや糖尿病などの体の病気が多い。

生活苦は収入の低さや多重債務が原因です。

健康問題も生活苦も、一生懸命に人生と向き合った方が避けられる確率は高くなります。

「頑張ると鬱病になる」

「マトモな人間になると死ぬのが今の社会」

これは最近、私に質問してきてくれた人の意見です。

しかし、鬱病はスゲー頑張り過ぎて限界を超えた人もなりますし、不安や恐怖を受け続けた人もなります。

色々な事を我慢し過ぎて鬱病になる人もいれば、ニートでも将来への不安から鬱病になったりします。

鬱病になるにしても理由は様々です。

そして、自殺しない人の方が圧倒的に多いです。

状況を改善すれば回復しますし、条件次第では以前よりもタフになりますからね。

結局のところ自殺の原因は人それぞれで、一概にどんな人が自殺するのかなんて分かりません。

ただ、一生懸命に価値を積み上げた人は生き残る可能性が高いんですよ。

生活に困る事はないし、病気になったら普通に病院にいけるし、福利厚生や貯蓄があればしばらくの間は働かずに暮らす事が出来る。

そして、良い人間関係を築けていれば周りが助けてくれる。

考えてみれば当たり前の事です。

しかし、何でか知らんですが一部のメディアは価値を積み上げる事を否定したがります。

「一生懸命に頑張るのは損だ」

と、印象操作をしたがる。

しかし、それは単なる詭弁でしかない。

頑張らない人にとって、その言葉は自分を肯定する希望のように見えるでしょう。

でも、自分が置かれた状況はクソのままです。

唯一、そこから抜け出す方法を否定してしまうわけですからね。

これ、私が死ぬほど言ってる事ですが

「人の言う事を鵜呑みにしてはいけない」

これにつきます。

よく調べもせず、よく考えもせず、いい加減な思い込みで人生の決断をしている人を見ると

「だから調べろよおおぉぉもおおぉ!」

って思います(笑)

いい加減な思い込みで世の中を見ていると、根拠の無い感情論や雑な陰謀論とかにコロッと騙されてしまいます。

美化も蔑視もせず、世の中を正しく見るように心がける。

それは若者からオッサンになるための大切な準備です。

コメント

Copied title and URL