哲学系記事

スポンサーリンク
哲学系記事

興味への恐れ

「Universe25」と呼ばれるマウスの社会実験では、何不自由ない社会にも関わらず格差が生まれ、父性と母性の破壊によって引きこもり、ストーカー、LGBTなどが生まれ、生殖能力を失った社会は滅亡したそうです。 日本社会がスゲ...
哲学系記事

利他の心得

自分ではなく誰かの利益になるように行動する事を「利他的な行動」と言います。 俯瞰的に見ると非常に意味のある行動なのですが、視野が狭いとなかなか理解出来ないものです。 利他的どころか、他人を利用したり足を引っ張ろうとする...
哲学系記事

知性と心を備えた獣であれ

人には色々な役割があって、その役割の外にあることを無理に出来るようになる必要は無いと思っています。 どんなに腕っぷしが強い人間でも、経験も無いプレゼンを任されたらガチガチに固まって話せないでしょう。 社会で仕事をする時...
スポンサーリンク
哲学系記事

高潔さを求める心

高潔さとは、気高く濁りの無い心の状態を指します。わりと多くの人は他者に高潔さを求めるものですが、近年は自分に対して高潔さを求める人が増えたように感じています。 高潔である事は難しく、わりと生まれ持った素質に左右される。 ...
哲学系記事

リスクを受け入れる

辛い経験をしてきた人や知能が高い人は、他者よりもリスクを把握出来る人が多いです。 ただ、その能力が足枷になってしまう事も多い。 リスクの把握は、対処や割りきりが出来ないとただの恐怖になってしまいます。 特に対人関...
哲学系記事

自分のペースで少しずつ

今回の話は、特によく覚えておいて欲しい話です。 私が記事を書く時は「雑記」を除けば明確な目的を持っていて、それに特化した書き方をします。 だから、全ての人に100%あてはまるわけではないし、人によって不要な話も多いです...
哲学系記事

ウォークライ

古来より戦いやスポーツなどで気勢を上げるための叫びをウォークライと言います。 日本で言う所の鬨の声(ときのこえ)ですね。 戦国時代の日本や中世の映画を見ていると、戦いの前に兵士達が叫ぶシーンが描かれています。 ス...
哲学系記事

「雑記」残していく

人生に余裕が出来始めた頃から「世の中に何を残せるか」という事を考えるようになりました。 私は 「自分が死んだ後の事は関係ない」 とは思いたくないんですよ。 先人の教えや先人達の残した物によって生かされている...
哲学系記事

自分を客観的に見るのは難しい

わりと人は自分を客観視出来ないものです。 しかし、 「自分は客観的に見れている」 と勘違いする人も多く見てきました。 これは人が持つスタンダードな弱さが関係していて、それは克服が難しい。 「あいつはデ...
哲学系記事

「努力」と「頑張っている実感」

努力を「嫌な事を頑張ること」と捉えている人も多いのではないでしょうか? 努力を嫌がる人も多いし、逆に無理をし過ぎる人もいる。 それは努力に対する認識が間違っているのかもしれません。 努力と聞くと嫌な感じがするのは...
スポンサーリンク
Copied title and URL