哲学系記事

スポンサーリンク
哲学系記事

モチベーションと義務感

仕事が辛い人の原因の多くはモチベーションが無く、義務感でやっている事だと思います。 私はモチベーションがあると、どんなハードな仕事でもこなす事が出来ます。 一方で、義務感でやると...どんな簡単で楽な仕事でも次第にやり...
哲学系記事

価値観の違う人への理解

「人は自分を基準に人を見る」 人は自分の経験や考えを元にして他人の言動の真意を推測するという事です。 これは私の持論ですが、的を射ていると考えています。 例えば、私みたいに共感能力が無い人でも相手と同じ経験をして...
哲学系記事

「信念」とは結論である

信念とは、一般的にはそれが正しいと固く信じている心の事です。 私はよく「自分の正義」という言い方をしたりします。 ただ、それが正しいと盲目的に従うのではなく... ただ、そう思いたいからそう思うのではなく... ...
スポンサーリンク
哲学系記事

人間らしい感情

今回は、わりと最初の方に書きたかった話だったんですが、この概念を理解するためには色々な話が必要になるので温めていました。 分からない人にはトコトン分からないもので、人によっては理解出来ない話だと思います。 しかし、極め...
哲学系記事

「本当の戦士には剣などいらぬ」(後編)

前編では必要なあらすじを書きました。 よく聞けトルフィン。お前に敵などいない。誰にも敵などいないんだ。傷つけてよい者などどこにもいない。本当の戦士には剣など要らぬ。 後編ではこの言葉に対する私の考えを説明していきます。...
哲学系記事

「本当の戦士には剣などいらぬ」(前編)

西暦1000年、コロンブスよりも遥か前にアメリカ大陸に到達したヴァイキングの冒険家レイフ・エリクソン。 レイフの幾度かの探検の同行者であるトルフィン・トールズソン(ソルフィン・ソルザルソン)。 そのトルフィンをモデルに...
哲学系記事

「依存」と「信頼関係」の違い

「カエル伍長さんにとっての依存とはどういう事なのでしょうか?」 って、最近言われてハッとしたんですが、そういえば記事として依存の説明をちゃんとしていなかった事に気が付きました。 断片的な説明は色々な記事でしているんです...
哲学系記事

虚飾の時代は終わる

無理に自分を大きく見せたり偽ったりなど、内容が伴わない事を虚飾と言います。 SNSだと当たり前のように行われている事ですね。 多分、賢い人は次々と気付いている事ですが、これからは「本物」じゃないと通用しなくなっていきま...
哲学系記事

心が弱った「頑張る人」へ

私が記事を書く時、なかなか気を回せないのが心が弱った人への話です。 通常、私が書く記事はメンタルが弱っている人にとっては毒になる事もある。 だから、私の記事で弱っている人に追い討ちをかけたくない。 最近、スゲー思...
哲学系記事

「頑張り」の価値

頑張る事の評価は曖昧で、正しく評価されていない事が多いです。 一般的な価値観だと結果に関わらず頑張れば良いとされ、社会の現実は結果だけを見られます。 私はどちらも微妙に足りないと考えています。 現実主義の私からす...
スポンサーリンク
Copied title and URL