哲学系記事

スポンサーリンク
哲学系記事

義憤の使い方

感情をコントロールすることと、論理的に物事を考える事は常々大事だと思っています。 人が持つ中で特に大きな感情は「怒り」で、それはコントロール出来ないと不具合を生むものです。 ただ、怒りの中にも人を人たらしめる感情があり、それは...
哲学系記事

角度を変えて伝える

人の価値観はそれぞれあって、感じ方や考え方は人によって違います。 誰かに上手く伝わった話を、別の人に話しても同じように伝わるとは限りません。 伝わりやすさは人によって変化します。 竹を割ったようにシンプルな話を好む人もい...
哲学系記事

無気力の一因は環境にある

私が記事で書いている内容は、人によって 「出来ねーよ、そんなこと」 と思う人も多いと思います。 例えば、筋トレや外国語の習得。 正直、本当に出来ないほど時間が無い人はそんなにいないものです。 出来ないのは気力...
スポンサーリンク
哲学系記事

善意の使い方

「闇雲な人助けもまた良くない」という記事に関連する話です。 善意を持つことは、本来なら良いことです。 哲学を続けていくと、いつかは善に辿り着くと考えています。 しかし、何も考えずに善意を持つのは危険です。 ...
哲学系記事

「自分が正しいと思ってるよね?」

私が人と議論をする時、高確率で言われる言葉がこれです。 それに対する返答は「当たり前だ」です。 わざわざ間違っていると思うような主張をしないですから。 昔から何故これを聞かれるのか不思議だったのですが、ある時に感情論なの...
哲学系記事

完璧なリーダーは依存され、アホさのあるリーダーは協力される

リーダーは人によって解釈が分かれますが、概ね集団をまとめる役割を指します。 集団は、優れたリーダーが指揮して集団を動かす方が上手くいく場合と、リーダーを中心に一人一人が考えて動くことで上手くいく場合があります。 リーダーの在り...
哲学系記事

ペルソナを外すための話

人は社会に適応するためにペルソナを被っています。 ペルソナは「仮面」という意味で、心理学的には対外的な仮の人格といったところです。 ペルソナは外すことが出来ますが、それには人間性の成長が関係していて...人によっては一生外せな...
哲学系記事

「強さ」の話

人は大なり小なり強さを持つものです。 それは健全なものもあれば、精神を腐らせるものもあります。 一般的に社会で見られる強さは大きく3つに別れると、私は考えています。 ・論理性や合理性に基づく「論理の強さ」 ・威圧、...
哲学系記事

闇雲な人助けもまた良くない

私は「恩の交易」という考え方をしています。 自分が出来る時に出来ることをして人を助け、助けた相手にいつかどこかで助けられる。 それを繰り返すことで生産性が上がるという考えです。 ただし、自分も相手も精神的に自立していて、...
哲学系記事

争いの心得

基本的に争いは避けた方が特ですが、争いが必要な時もあります。 どうでもいい争いにエネルギーを使うくらいなら避けた方が良いですし、合理的なら争った方が良いものです。 どちらにせよ、効率が良い方を選ぶべきですね。 ただ、私が...
スポンサーリンク
Copied title and URL