哲学系記事

スポンサーリンク
哲学系記事

ネガティブになった時は思い出せ

ネガティブになるのは良くない事ですが、人は構造上ネガティブになりやすい生き物です。 ポジティブな人はポジティブな行動から来る結果によって自信を得ているからポジティブでいられます。 しかし、ネガティブなマインドは考え方で...
哲学系記事

人に頼る

私自身もそうですが、人に頼るという事は苦手な人にはトコトン苦手なものです。 「人に頼るのが苦手」 最近、行く先々でこの手の話をよく耳にします。 全体的に頼る事が苦手な人が増えているのかもしれません。 単純に...
哲学系記事

抽象化、具体化、詩的表現を理解するための話

今回は、なんやかんや私の文章の肝になる話になりました。 文章を書いたり読んだりする上で重要なポイントとなる、抽象化、具体化、詩的表現。 これらを理解すると文章だけでなく色々な事に役に立つ。 会話したり、詩を書いた...
スポンサーリンク
哲学系記事

カサンドラ

哲学的な話の中でたまに「カサンドラ」という言葉を目にします。 「カサンドラのような状態」みたいに語られますね。 「真実」を知っていても信じて貰えなかったり、理解されない事の比喩として用いられる場合が多いです。 相...
哲学系記事

自分と他人の境界線

人には物事を理解する時に様々な境界線があり、これらは人によってかなり曖昧です。 最近、記事を書くうえでの悩みのタネがこれなんですよ。 私自身の思考回路や精神構造が特殊な事もあって、伝えたい事が変に誤解されやすい。 ...
哲学系記事

善への転化

「ダークトライアド」という記事でも話しましたが、人によって善悪の割合が違います。 悪性が強いほど短絡的になり、利己的になり、メンタルが弱りやすいです。 悪性から善に変わっていくには様々な条件がありますが... 正...
哲学系記事

「痛み」は誰かの為になる

何かを教えたり誰かの力になろうとする時は、相手の気持ちを理解するほど成果を得る事が出来ます。 その為には未熟だった頃の自分の気持ちを覚えている必要がある。 ただ、人は気持ちを忘れます。 それは非常にもったいない事...
哲学系記事

オッサンになる準備

今回は若者向けの話です。 ちょっとジジイ臭い話ですが、わりと大事な話なので聞いて欲しい。 人は中身が成長しないまま年齢だけ重ねると、生きていくのが苦しくなります。 子供っぽさや少年の心を持っているから中身が子供と...
哲学系記事

ダークトライアド

警察や検事、人事に携わる人、または臨床心理学を学んだ人などは聞いた事がある言葉だと思います。 ダークトライアドとは ●ナルシシズム ●マキャベリアニズム ●サイコパシー という3つの特性の総称です。 ...
哲学系記事

なかなか自分を良い奴と思えない「良い奴」

わりとストイックな人ほど自信が無かったりするものです。 目指すものや自分のあるべき理想が高く、自分を納得させる事が難しいからです。 しかし、それゆえに研鑽を積むからメキメキ実力は上がり続ける。 周りから見たら自信...
スポンサーリンク
Copied title and URL