哲学系記事

スポンサーリンク
哲学系記事

世界観のズレは武器になり得る

人と話していると相手の顔に「?」が浮かぶって経験をしたことがありませんか? 誰しも一度はあるものですが、日常的にそういう経験をしてる人達がいます。 私はそれを「世界観のズレ」と呼んでいます。 自分が見ている世の中の認識は...
哲学系記事

「正解」は無い、あるのは「可能性」だけ

学生時代をどのように過ごしていたでしょうか? 学校生活は勉強をして成績を上げることが正しい行動とされています。 やれば良いことが分かっている状態...つまり「正解」がある状態でした。 ところが、社会に出れば「正解」は常に...
哲学系記事

行動するために必要な力「活力」

若い頃から博物館や図書館、郷土資料館や史跡が好きでよく行っていました。 そういう場所にある古い資料や書物にはネットに載っていないような知識が書いてあったりします。 「活力」についての記述が特に印象に残っていて、生きていくうえで...
スポンサーリンク
哲学系記事

成長とは自分の価値を育てること

「成長」という言葉を良く聞くと思います。 その「成長」が何を意味するのか、今一つピンと来てない人が多いのではないでしょうか? もちろん身長が伸びることではありません。 人としての「成長」とは何か、これは説明しなければなら...
哲学系記事

危機管理能力とは?

「日本人には危機管理能力が足りない」 良く聞く言葉ですし、公安やセキュリティに携わってきた人なら痛感している話でしょう。 危機管理とは起きうる事態を想定して、防止またはリスクを軽減するための行動。 災害に備えた備蓄や避難...
哲学系記事

指導する人からは学ぶ、キレるだけの人には舌を出す

自分自身も経験し部下を持った時にも思ったことですが、指導でキレるのが必要なタイミングってまず無いなと考えています。 警察や自衛隊などの教育隊のカリキュラムではガンガン圧をかける必要がありますが、日常生活で必要だったことはありませんで...
哲学系記事

壁は壊せる

「出来ない」「自分には無理だ」 そう思うことは世の中にいっぱいあります。 しかし、目標を達成したい時、どうしても手に入れたいものがある時、進むことしか出来ない時、今の自分を変えたい時、人は必ず障害にぶつかります。 人生の...
哲学系記事

頼れる仲間、その名はコミュ障

後輩や部下の育成に真剣に取り組むなら、何よりもまず相手を理解すること。 そして、無理に短所を矯正するのではなく長所を中心に全体のベースアップを図るつもりで教育すること。 相手を理解せずに自分の教育方針を押し付けること、短所を叩...
哲学系記事

欠けた能力を悲観する必要はない

人間は誰しも得手不得手があります。 それは個性と呼ばれるもので、当然のものです。 あれが出来ない、これが出来ないと悲観してしまう人が多く、それは精神面によくない影響を与えてしまいます。 自分を否定してしまわないように、今...
哲学系記事

恐怖を知らなければ勇気は存在しない

勇気とはスキルの一つだと私は考えています。 生まれ持った量の差はあるものの、基本的には鍛えて成長していくものです。 ただ、勇気が本当はどういうものなのか...どうやって成長していくのか。 それを知る人はなかなかいません。...
スポンサーリンク
Copied title and URL