哲学系記事

スポンサーリンク
哲学系記事

「嫉妬」という視野狭窄

人は自分の価値を見知った人と比較して決めてしまいがちです。 特定の分野で自分より優れている人がいると自分の価値が下がったように感じてしまうため、嫉妬が起こります。 嫉妬は憎しみに近いため攻撃的になり、自他共にトラブルの引き金に...
哲学系記事

信頼に必要なものは能力と人間性とバカ話

信用と信頼は違うものです。 信用は一方的に持つもので、信頼はお互いに持つものです。 信用は特定の能力などに対して持ちやすく、信頼はその人の生き方を加味して持つものです。 ヒーローは民衆から信用を得ていますが、ヒーローが民...
哲学系記事

「寂しさ」という呪いを解く

私は自己完結する人間なので、1人でいることが苦痛ではありません。 打ち解けた人間、気の合う人間と別れる時は瞬間的な寂しさを感じますが、信頼関係の余韻として楽しむことが出来ます。 世の中には慢性的な寂しさを抱える人がいて、人と関...
スポンサーリンク
哲学系記事

アドバイスは真意から

生きていればアドバイスを求められることがありますが、相手を深堀しないと効果が得られません。 真意がハッキリしていない状態でのアドバイスはマイナスに働くこともあります。 特に若い子は変な知識に扇動されていることが多く、注意が必要...
哲学系記事

哲学と筋トレが凡人を賢者に変える

私が哲学と筋トレを普及しようとする目的は、国を良くしようとする私なりのアプローチです。 ボロボロになった国がここから変わっていくには国民が変わっていく必要があると結論を出しました。 どう変わる必要があるかというと ●誰が...
哲学系記事

頂にある真理と間違いの山脈

前にも哲学の話を投稿しましたが、哲学に決まった学術体系はありません。 始めようと思えば今始められるものです。 むしろ自然に行っていて、それを哲学と認識していないだけかもしれません。 大学の哲学科に通わないと出来ないわけで...
哲学系記事

厳しい規則は効果が無い

学校や会社の規則って覚えていますか? 遅刻や無断欠勤みたいな常識の範囲に収まるものを除いて、全体に浸透する規則の数はせいぜい数個です。 警察や自衛隊でも規則は山ほどありますが、覚えている人はほとんどいません。 それどころ...
哲学系記事

「役に立つ、立たない」は未来が決めること

私は「意図しない形で無人島に漂着したい」というよく分からない願望があって、いつか来るべき日のためにサバイバルスキルの習得をライフワークにしています。 「いや、そんなことにはならないだろ」 と至極真っ当なことを良く言われるのです...
哲学系記事

偏見を持つほど失うものがある

私は一般人から「オタクだ」と言われ、オタクからは「オタクじゃない」と言われる消極的コウモリ野郎なんですが、そこから来る知見の話です。 今回の話は、無理に偏見を無くしましょうという話ではありません。 差別に繋がりますし良くないこ...
哲学系記事

他人と比較する必要がない

基本的に当たり前のことなんですが、社会に生きていると忘れがちなことです。 日本は義務教育の時から周りと競い合う競争社会です。 他者との競争は日本人の心の奥深くに根付いています。 しかし、これは幸せな生き方を邪魔する鎖です...
スポンサーリンク
Copied title and URL