哲学系記事

スポンサーリンク
哲学系記事

ステータスのためには頑張れない

やりたい事や好きなことがあると、その物事を自然に頑張るものです。 しかし、その物事を「好きだ」と言いながら頑張れない人って結構いるんですよ。 例えば、「筋トレが好き」と言いながらも、ジムに行ったらボケーッとスマホを弄ってる人。...
哲学系記事

人の箱型

トマトを四角形の箱で覆ったまま育てると、四角形のトマトが出来るそうです。 人間も同じように、家庭や学校など世の中の箱の中で行動を制限されて、社会に合わせた形を作っていきます。 しかし、どんなに矯正しても...それは表向きの人格...
哲学系記事

一匹オオカミを探せ!

自分のチームに人を入れる時、責任ある立場に人を推薦する時、能力のあることが前提となります。 その判断基準の一つとして、私は一匹オオカミを探します。 いつでも群れたがる性質を持つ人は能力が低く、一匹オオカミは能力が高い傾向にある...
スポンサーリンク
哲学系記事

能力の偏差値

可視化は難しいですが、人の能力には偏差値があると考えています。 可視化が出来るものもあって、ある程度の測定が出来るものとしてはIQ(知能指数)が有名ですね。 100を基準値として、全体平均との差で高低が決まります。 一般...
哲学系記事

人生が上手くいかない時に確認すること

上手くいかない事は、誰しもが経験すると思います。 まあ、生きてりゃ当たり前ですね。 そういう時、何かのせいにしたり、誰かに助けられることを期待しても解決はしないものです。 運が良かったら別ですけどね。 ただ、いつも...
哲学系記事

貪・瞋・痴(とん・じん・ち)

仏教における概念で、人生の苦しさの原因になるものを煩悩と呼びます。 煩悩の中でも、特に根本的な原因となる三つを「三毒」と称されています。 三毒は克服が難しく、遥か昔から概念として存在しているにも関わらず、今もなお人を惑わせてい...
哲学系記事

個性を出すか、無難に通すか

私は幼い頃から変な行動をしていたので、周りから馬鹿にされることが多かったんですよ。 下水道を探検したり、森に入ってシマリスを捕まえようとしたり、拾ってくるものは鹿の骨とか蛇とかです。 「アイツは馬鹿だ」 と、当然...
哲学系記事

義憤の使い方

感情をコントロールすることと、論理的に物事を考える事は常々大事だと思っています。 人が持つ中で特に大きな感情は「怒り」で、それはコントロール出来ないと不具合を生むものです。 ただ、怒りの中にも人を人たらしめる感情があり、それは...
哲学系記事

角度を変えて伝える

人の価値観はそれぞれあって、感じ方や考え方は人によって違います。 誰かに上手く伝わった話を、別の人に話しても同じように伝わるとは限りません。 伝わりやすさは人によって変化します。 竹を割ったようにシンプルな話を好む人もい...
哲学系記事

無気力の一因は環境にある

私が記事で書いている内容は、人によって 「出来ねーよ、そんなこと」 と思う人も多いと思います。 例えば、筋トレや外国語の習得。 正直、本当に出来ないほど時間が無い人はそんなにいないものです。 出来ないのは気力...
スポンサーリンク
Copied title and URL