スポンサーリンク
雑談系記事

「雑記」哲学と学問

「哲学者たちは2000年という長い間、ほとんど何も成果を残してこなかった。」 ーフランシス・クリックー 哲学に対する代表的な批判です。 私の感想としては「でしょうね」です。 ただ、この批判は哲学者全てに対す...
哲学系記事

「私は私である」

今回の話は、私自身のエピソードが多くなります。 最初に言っておくと、私は自慢したいわけでも同情されたいわけではありません。 読んだ人が何かを得られるかもしれないから書くだけで、あくまでも参考程度にして欲しいと思っていま...
哲学系記事

日差しの下を歩く、自分を支える

今回の話は頑張る人向けの話です。 私は、形は違えど頑張る人が厳しい世界で生きている事を理解しています。 その世界で戦い続けると必ず弱る時があります。 だから、何かしらの支えが必要になると考えています。 ただ...
スポンサーリンク
哲学系記事

☆魔法の言葉☆「やってやるよクソが」

嫌な事があった時、それが必要な事であっても向き合いたくないものです。 分かりやすいのが逆境に陥った時で、それを乗り越えるよりも逃げる方向に意識が傾いてしまう。 大抵は嫌な気持ちになるし、時間が経つほど逃げ道を探してしま...
哲学系記事

持たざる者は「テキトー」に生きられない

人は生まれた時点から先天的な要素に左右される、これは事実です。 容姿、初期能力、家族、資産、など様々な物があり、これらによってスタートラインが変わります。 これら先天的な物は基本的に自分の力でどうにかなるものではありま...
哲学系記事

最適解は自分にしか分からない

今回の話は人によって「当たり前だろ」と言われそうな事です。 しかし、分からない人や理解出来人もいる話です。 自分の人生はパズルを組み立てるように、色々な知識や情報というピースを集めて作りあげるものです。 ただ、問...
哲学系記事

何故、クソリプは嫌がられるのか?

クソリプとはSNS上に見られる気分を害するような返信の事です。 返信を表す「リプライ」にクソをつけた造語ですね。 煽り文句や暴言、偏見やセクハラもあれば意味不明な返信などシンプルに嫌がられるものが多いです。 しか...
哲学系記事

原則、自分は自分のためにある

客観的・俯瞰的な見方が出来ないと、人間関係で知らず知らず相手を消耗させてしまう事があります。 主観に偏ると無自覚に、他者が自分の為に存在しているかのように振る舞ってしまう。 逆に、必要以上に他者の希望に沿って消耗してし...
雑談系記事

「雑記」ちょっと変な話、幽霊いるかもね

以前、幽霊に関する記事を書いたのですが... 最近、意図せずアンダーグラウンド気味の経験をしまして、「幽霊いるかもな」と思い始めました。 今までは哲学的に存在を否定出来ないし、少なくとも概念として存在する...という考...
哲学系記事

「平等」は理想か呪いか

常々考えていて、いまだに明確な答えを出せていないのが「平等」です。 アップデートする毎に考え方も変わっていくものですが、平等については考える度に答えが変わると言えるぐらい複雑なものです。 人は格差に不平不満を抱きやすい...
スポンサーリンク
Copied title and URL